自分で作ろう水素水

自分で作ろう水素水

11 3月, 2017

自分作れる水素水

水素水は高い、というイメージがありませんか?普通に見ずにアルミパウチに入ったものをそうですが、水素水生成器やサーバーなどもかなりの費用が掛かるものもあります。自分で作るのは無理なのだろうか?ということで自分でつくる水素水の作り方をご説明します。①マグネシウムを使った水素水の作り方これは金属マグネシウムが水と接触することで、水素が発生し水素水を作れるという仕組みです。マグネシウムが入ったスティックをアルミボトル等の容器に入れたまま、水を注いで使用します。スティックは使い捨てで数カ月で新しいスティックに交換します。1か月に1回か2回程度、スティックをお酢かクエン酸で洗浄して金属の表面を綺麗にすると、水素の発生が活発になります。スティックタイプの水素生成器は力があまり強くないので水素濃度を上げるには8時間以上置いておくか、スティックを2本いれるなどしないといけません。水素水といえるほどのお水かというと一般に市販されているものには、到底及ばないものです。作る時にはペットボトルではなく、アルミボトルを使用してください。使い捨てのスティックなので半年ほど持ち安価に水素水を体験できるものです。②電子分解式(ウォーターサーバー)サーバーで水素水を作る仕組みは電極の周りに水を通過させることで、陰極側に水素水を生成する仕組みです。反対の陽極側にはオゾンが発生しますから活用できるかは利用者にもかかってきます。ボタン洗濯でどちらか一方を作るタイプや、電極の配置を変えて水素に特化したものなどメーカーによっても特徴があります。長い目で見ると低コストになるとは思いますが、本体はとても効果です。交感カートリッジなどのコストがかかることも忘れずに。水素水はいろいろな作り方があるようなので調べてみると面白いかもしれません。
水素水最新人気ランキング|効果なし?口コミを徹底調査!はこちら